高圧洗浄中!
長年の汚れをできるだけ落とします。この作業が工事の良し悪しにもなります。(エコ助成金活用の工事です。)

クリヤー塗装での上塗り中!
目地に浸透し、タイル面を保護します。

環境省指定の遮熱塗料での上塗り開始!
(エコ助成金活用の工事です。)

カバー工法(ガルバニウム鋼板)
地震に強く、節電効果バッチリ!
メリットたくさんあります!

どこの業者さんに頼んでいいのか悩んでいませんか?
注文するのはお客様の勝手なんです。
金町外装(株)でしたら、お見積りをとっても折り合いがつかない場合は、気兼ねせず、喜んで笑顔で断って下さい。

 

塗装工事をお考えの方、様々な質問や不安があるかと思います。金町外装の無料診断をしてみませんか?

お家の状態を隅々までチェックさせて頂き、塗り替えが必要か? 時期なのか? どのような塗り工法か? 又は、補修工事はどのようにやれば良いのか?

あらゆる面から、ご提案させて頂きます。

気になる事は何でもお尋ねください。

 

『この道31年の私が伺います!!』

リフォーム塗装工事は、「屋根・屋上・外壁」から一滴も雨水を入れさせなくすることが一番大事!

その上で、綺麗に見た目も良くし、周辺環境との調和を求める工事だと、私は思っています。

前回の塗装工事から8年経過とのこと。下塗り前に『剥離』を発見!
雨水の進入か?又は、前回工事の・・・?     

築10年目のサイディング壁。
 シーリング部分からの雨水進入、サイディングの
張り替え工事に!

築28年のタイル壁。目地・シーリング部分からの雨水進入で!ALCの鉄心が錆びて膨張し、爆列が発生していました。          

築37年ALC造りの4F。
20数年来の水漏れで何回も壁紙を張り替えたとのこと。
     

嘘をつかず、手抜きもなく、しかも低予算でグレードの高い塗料・・・
長持ちする塗装工事が金町外装の基本理念です!

塗りの技術はもちろん、細部迄しっかりした工事をやります。
棟(屋根)の塗装中!

建物で一番頑張っているのは
屋根だと思う!

防水工事〈通気緩衝工法〉
7工程の仕上げ部分のウレタントップコート塗布中!

資産価値を落とさない為にも、
防水工事は完璧にやりませんか?

施工中

27坪
 外壁 シリコン塗装…55万
 屋根 シリコン遮熱…15万
 シーリング工事 …11,5万

32坪
外壁 ラジカル塗装…58万
トタン屋根,シリコン…12万
  雨樋交換 …9万

78坪
 外壁 ラジカル塗装…135万
屋根 フッ素遮熱…35万
シーリング工事…25万

5F・・・タイル壁マンション
タイル張替え・屋上防水工事・
シーリング打替え・階段塗装・
ベランダ防水他・・・550万

当社の特徴

屋根・壁とも太陽光を吸収しやすい黒とか濃い色は、助成金の対象になりませんので、詳しいことはご相談ください。

【1】「かつしかエコ助成金の活用」

今なら屋根・壁の塗装工事に関して、国の環境省認定の「高日射反射率塗料」を使用した工事をやりますと、葛飾区の方から「エコ助成金」が出ます。

●個人住宅の場合➡最大20万円

●事業所用の場合➡最大40万円

●集合住宅の場合➡最大100万円

下請けでは申請できず、元請け会社だけ申請の権限があります。値段的には、通常の塗装工事と比べてさほど変わりませんので、助成金を活用した「高機能塗料」での塗装工事は正解かと思います。手間ひまのかかる区役所への申請手続きは、始めから最後迄当社の方で代行しますので、ご安心ください。

※助成金を活用し、地元の多くの方に喜んでいただき、サポートさせていただければと思います。

※ご質問・疑問点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

【しっかりと洗浄中!】
この作業が塗装の良し悪しになります。    

【高圧洗浄後】
カビ・苔・汚れ等全部落とします。塗料の耐久性もここで左右されます。

【下塗り後】
ダメ込み作業中。細部をハケでしっかりと塗り込んでいきます。    

【中塗り中】
たっぷりと塗り、塗膜をつけていきます。    

【屋根中塗り後】
この上にもう一度塗って、色・艶を出していきます。        

【屋根の下塗り】
たっぷりと材料を塗って下地を固めます。真っ白な状態になります。  

【外壁の中塗り中】
厚めにたっぷりと色をつけていきます。      

 

【外壁上塗り中】
仕上げ塗り中!均一に塗って色・艶を出します。         

【屋根上塗り中】
仕上げ塗りで、色・艶を出していきます。

【遮熱塗料3回塗りで
完成】

色・艶、共に蘇りました。10年は大丈夫です!

【2】リフォーム塗装工事は下地処理をどうやるかで耐用年数が違ってきます

 

【窓枠からの雨漏り修理工事】

下地補修は、塗装工事で最も大事な作業です。

どんなに高級な塗料を使ったとしても、数年後に発覚するトラブルの原因の多くは、ほとんどが下地処理の手抜きか?又は、見落としが原因によるものだからです。

仮に、左官工事・大工工事・板金・設備工事が必要になっても、常にバックアップ体制は整えてますので、ご安心いただけると思います。

なお着工後、個人住宅で300枚位の施工前・施工中・施工後の現場写真を撮り、工事完了後にはお客様にもお渡し致します。

金町外装は、それだけ自信があるから、全工程を写真で記録に残します。

【3㎜以上のクラック補修は、
Vカット工事】
カチオン系下地調整材等で補修します。          

【サイディング壁の反りを補修】
新築時は、釘打ちでしたが、ステンのビス止めでやっていきます。            

【現場で板金工事】
屋根の棟・笠木等、帯板・波風板等の補修、何でも現場加工します。             

【笠木の下の補修(防水)】
屋上の水漏れは、笠木の中が意外に多いです。

【築18年コロニアル屋根の棟の中です】
あまりに釘が浮いていたのでメクって見ると…ヤバイ。やはり、棟板がふけていました。           

 

【棟の補修】
棟はそのままで、古い釘は抜き、新たにステンのビスを打っていきます。

【窓脇からの水漏れ】
この作業だけで雨漏り止まりました。         

【築28年のコロニアル
屋根】

地震・強風棟で棟の板金が飛んで棟板がむき出しに…?        

【築13年のサイディング壁】
シーリング部分から雨水進入…!反りが大きく、交換工事になりまし  た。          


 

耐震効果・節電効果がグンっとアップ!!
再塗装の必要ありません!!

【3】金属屋根(ガルバニウム銅板製)に葺き替えて、首都直下型地震に備えませんか?

日本瓦の10分の1、コロニアルの4分の1の重さです。

建物は屋根が軽くなると、建物全体の重心が低くなり、地震に強い家に生まれ変わります。耐震補修工事と比較した場合、工事費が大幅に安く済むのも大きな利点だと思います。

コロニアルの屋根は釘打ちですが、こちらはステンレス製のビス止めです。ズレとか割れもないので、台風にも強く、再塗装の必要もありません。それに、断熱・遮音効果もあり、省エネにも役立ち、メリットいっぱいの屋根材です。

これから20年~30年先のことを考えますと、塗装よりも葺き替え工法、またはカバー工法でやられた方がお得になるかもしれません。

お気軽にご相談ください。無料で診断致します。

築15年の高級な日本 瓦。ですが、地震に備えての工事開始です。         

「瓦」を降ろしていきます。

防水紙の「ルーフィン グ」を貼り、その上に屋根材を止めていきます。        

棟もガルバニウムです。細かい所もスキなく1滴の雨水も入れません。       

軽くなって、家の重心が低くなり、地震に強くなりまし た。           

築20年、足場無しでの工事開始です。         

カバー工法なので、コロニアルの上に防水紙を貼っていきます。          

棟板を張り、棟を作っていきます。         

下屋根も大屋根と同じ方法でやっていきます。     

断熱・遮音・節電効果が強くなり、再塗装の必要もなくなりました。          

ごあいさつ

     【代表者あいさつ】

数ある塗装サイトから当サイトに訪問頂き、ありがとうございます。当社は、葛飾区東金町にある外装専門会社です。塗装リフォームを検討する中心となるのが「業者選び」と「予算」ではないでしょうか?

数多くある業者を大きく分けると、ハウスメーカー、大手リフォーム店、近頃増えているホームセンターや業務拡大系の業者さん、地域の塗装店及びリフォーム専門店があります。ハウスメーカーなど大手さんはまず手抜きはないと思いますが、値段はかなり高いと思われます。中間に下請け業者が入りますし、会社利益も多くとらなくては運営できませんので当然ですよね。逆に業務拡大系業者や地域の塗装店及びリフォーム専門店は、価格は安いけれど、提案力やアフターメンテナンスが乏しいイメージはないでしょうか。

私達は地域密着型の外装専門店ではありますが、高機能塗料のご案内や工事工程写真の記録、保証等のアフターメンテナンスなど、充実したサービスをご用意しております。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

「私が責任をもってご提案致します!」         

代表取締役  鈴木 県

お問合せ

お電話はお気軽に
03-5876-3217
03-3600-7505