シーリング工事

シーリング工事とは、建物の外壁を形成するALCやサイディング、パネルの継ぎ目にある隙間(目地)埋めるために、不定形材である「シーリング材」を注入する工事の事です。

新築時には問題がなくても、外壁は気温や湿度の変化、地震や雨風などによって徐々に劣化していき、隙間(目地)も広がっていきます。建物の寿命を延ばすためにも、定期的なシーリング工事が不可欠と言えるでしょう。

塗装工事の中で、最も重要な工事部分です。ここをしっかりとやるかどうかで…?今後の差が出てきます。

劣化したシーリング

シーリングを撤去し、新規打ち替え

ALCの出窓の部分は、一番雨漏りの多い場所!古いシーリングを撤去し、プライマー塗布

シーリング打ち替で、この上に塗装をやり、雨漏りが止まりました。

 

 

劣化しているシール部分を
取り外します。

撤去したシーリング部分
です。

プライマーを塗布してから、シーリング材を注入します。

これで10年前後は
大丈夫です。

築15年のシーリング部分です。雨水が入り、タイルが浮いていました。

たっぷりと注入していきます。

ここが技術のいるところです。

仕上がり状態です。

 

築10年、サイディング壁のシーリング撤去中。

綺麗に仕上げる為に、マスキングテープを貼っていきます。

手は抜きません。

シーリング材注入!サイディング塗装の中で、一番大事な工事部分です。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-5876-3217

受付時間:9:00~17:00(○○曜日を除く)

お問合せ

お電話はお気軽に
03-5876-3217
03-3600-7505